サラサラの髪にするには縮毛矯正?それともストレートパーマがいいの?

>

縮毛矯正とストレートパーマの違いは?

髪の内部の構造が熱によって変わる縮毛矯正

ストレートパーマは、還元剤が配合された1剤で髪の内部のたんぱく質の結合を切り離し、普通のパーマではロットに巻き付けるところを、まっすぐに伸ばし浸透させたら一度流して中和させ、その後酸化剤が配合された2剤で再結合させ、ストレートに固定、定着させます。
一方縮毛矯正は、2剤で酸化させる前に乾かしてストレートアイロンで加熱することによる熱変性で、2剤に含まれる酸化剤による固定と熱による水素結合によって髪の構造自体を作り変え、ストレートにします。化学反応が完了するまで24~48時間かかります。
縮毛矯正とストレートパーマの仕上がりの違いは、縮毛矯正は元からの強いクセも直せるのに対して、ストレートパーマはくせ毛のボリュームダウンが出来るくらいで、強いクセは伸ばせないことです。

それぞれの料金と施術時間の違い

それぞれの料金は、各サロンによって、また地域によっても多少違いがありますが、ストレートパーマ6,000円~15,000円くらい、縮毛矯正20,000円~25,000円くらいが相場のようです。
一度かけると、ストレートを維持するために、定期的にかけていかなければならないので、出来るだけ低料金でできる美容室やサロンがいいのですが、特に縮毛矯正は髪への負担が大きいため、技術が信頼できる美容室やサロンを選びたいものです。
そして、施術時間の違いです。縮毛矯正の方が手順が多いのでその分時間もかかるのですが、工程以外にもその人の髪の状態によって、保湿したりというケアが必要なことがあるので時間はかかります。髪の状態、ダメージの具合にもよりますが、ストレートパーマが大体1時間~2時間くらいで、縮毛矯正は2時間~3時間かかるでしょう。カットなども入れると、結構長時間必要です。


この記事をシェアする